横浜の病院で指導を受けシアリスを安全に使ってED治療

併用などを注意

そして、PDE5型酵素が働くと生成された血管拡張物質が破壊されて勃起の現象は終わります。
ED治療薬シアリスの有効成分タダラフィルは、阻害薬としてこのPDE5型酵素が作用するのをブロックします。
PDE5型酵素の働きを邪魔することで血管拡張物質の減少を防いで勃起の維持をサポートするのがタダラフィルの効果効能です。
ですから、男性が性的に興奮して勃起が起こった時だけそれを持続して性行為を可能とします。
ここで、あらゆる医薬品について言えることですが、使用するにあたっては効果効能とともに副作用の可能性や内容、使用上の禁忌事項について正しく理解することが薬の効果を最大限に得て安全に使用するための大前提です。
横浜のED治療専門の病院でも丁寧に指導していますが、タダラフィルは血管の拡張作用により勃起を維持するED症状の改善薬です。
血管拡張により血流量が増加すると血圧降下が予想されますから、高血圧治療のための降圧剤との併用は血圧の急降下を回避するため禁忌とされています。
同様に、血管拡張作用によって狭心症など循環器疾患を治療する硝酸剤系の医薬品との併用も、血圧の急激かつ大幅な低下が考えられるために厳禁です。

シアリスは新参者併用などを注意